- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト姫路

ホンダ・N-BOX

兵庫県姫路市からお越しのお客様

ご存知、日本で一番売れているお車ですね。
軽自動車初のVTECエンジンは気になる存在です。
最近はあまり耳にする機会がなくなっていたので、懐かしいのですがホンダといえばNAエンジンですよね。
人気の理由はどこにあるのか?自分も機会があれば体感してみたいお車の一つです。

さてお車の方ですが、他店舗にてコーティング施工をされたのですがクオリティを求め当店にて再施工させて頂くことになりました。
オーナー様の気になっている部分は、磨き傷などのオーロラマークです。
ボディーカラーはクリスタルブラック・パール(黒のメタリック)なので、キズなどは目視し易い傾向にあり、洗車の仕方など細心の注意を怠るとキズが付いて目立ってしまいます。
今回のケースは、キズ消しの為に磨き作業をした事も要因の一つかもしれませんが、適切な対処をしないと磨き傷が残ってしまう結果となってしまいます。塗装にも限りがあり、残りの膜厚があるうちに経験、実績のある専門店に任せて頂くことをお勧め致します。
高輝度LED照明にて観察してみると、イオンデポジット、磨き傷(オーロラマーク)などいくつかの問題点を確認することが出来ます。
作業は、洗車、(鉄粉除去)、下地処理(磨き)、洗車、コーティングの順に進めて行きます。
塗装を守る為のコーティングにて塗装が無くなるのでは、本末転倒になってしまいます。当店では美観を最優先にした磨きは致しませんが、除去出来る小傷などを見極めながら磨く量を最小限に抑えつつ、グループ独自の下地処理「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて磨いていきます。
この下地処理技術は、バフ傷やオーロラマークを残すことなく磨くことが出来、傷・シミ取りから仕上げまでを最小限の磨きで行うことを可能としています。

一例ですが・・・
《オーロラマーク》

1574846319.jpg

dsc_0770.jpg

dsc_0693.jpg

1574846359.jpg


《イオンデポジット》

1574846379.jpg

1574846399.jpg


コーティングには、リボルトグループが独自開発したベースコートにてしガラス系レジンを形成し、その上にはUVカット機能が付加されたガラス繊維素の被膜特性を持つトップコートの2層コートで仕上げました。
石油系溶剤を含まない環境に考慮されたコーティング剤であるため、酸化劣化の心配もなく従来の石油系ポリマーと比較して防汚性・耐久性などは格段の信頼性があります。
今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きを維持する事が可能となります。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとう御座いました。

施工時期:
2019年
施工内容:
リボルト車 ガラスコーティング