- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト姫路

マツダ・CX-8

高砂市からお越しのY様

今回ご入庫頂いたお車はクリーンディーゼルエンジンのCX-8です。
日本でディーゼルエンジン車を街中でも良く見かける様になったのは、マツダのクリーンディーゼル車がよく売れているからなんでしょうね。
ディーゼルエンジン車の抱える振動、騒音、排ガス問題をクリアし、燃費、トルクといった長所を損なうでも無く完成させた技術力には驚かされますね。

さて作業の方ですが、洗車、状態確認を行い研磨作業に移ります。
限りある塗装ですので、磨く量は最小限に抑えつつ、塗装本来の輝きを取り戻すべく、
グループ独自の下地処理「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて磨いていきます。
この下地処理技術は、バフ傷やオーロラマークを残すことなく磨くことが出来、傷・シミ取りから仕上げまでを最小限の磨きで行うことを可能としています。
この下地処理によりコーティング剤の定着が良くなるだけでなく、塗装も本来の輝きを取り戻し美しく輝きが出ました。
コーティングには、完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」とUVカット機能が付加されたトップコートを施工致しました。
リボルト・プロは樹脂部分に施工することで、艶、輝きが増しUVカット効果により、樹脂部分の宿命ともいえる経年劣化による白化の進行を緩和することが出来ます。

dsc_0974.jpg

また、窓ガラスにはオプションの撥水コーティング施工前には油分等の不純物を除去した後に全面に施工させて頂きました。
この施工により今後は、雨ジミなどの汚れが固着し難くなりクリアな視界を確保し、安全運転に貢献してくれる事と思います。

さらに、追加でご依頼頂きました内装部品(レザー部)へのコーティング作業へと進みます。

ステアリングホイール(レザー部)

dsc_0079.jpg

肘置き(レザー部)

dsc_0081.jpg

シフト付近(レザー部)

1550284470.jpg

ダッシュボード(レザー部)

dsc_0085.jpg

汚れ具合によっては、落としきれない汚れも御座いますので、特によく手の触れる場所へのコーティングは新車時がお勧めです。

今後は、セオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡り、この艶と輝きを維持する事が可能となります。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとう御座いました。

施工時期:
2019年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング部分コーティング窓ガラス撥水加工シートコーティング