- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト姫路

下地処理の効果

経年車に「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」を駆使して
磨いてみました。どれくらい輝きを取り戻せるのでしょうか?ご覧ください。

dsc_0111.jpg

磨いていない右側はオーロラマークで全体的に白っぽくなっています。
また、照明の映り込みもモヤっとしていて鮮明に映っていません。
それに対して、磨き終えた左側は、スッキリし塗装も輝きが出ています。
移り込んだ照明も輪郭がはっきりと確認できる程鮮明になりました。(写真では、照明が強烈なので
どうしても照明の周りがモヤっとした感じに写るのですが、実際にはもっと鮮明に違いが出ています。)


塗装の膜厚というのは、限りがありますので、磨く際には最小限の磨きに留めることが必須です。この最小限の膜厚の磨きで、最大限のクオリティを提供出来るというのがリボルトグループの高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」となります。一般の個人コーティングショップでは簡単には真似が出来ません。

1551685703.jpg

dsc_0248.jpg

こちらは、完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」施工済みの状態ですので、輝きだけでなく艶も出ているのをご確認頂けるかと思います。

下地処理の説明ページはこちら


お問い合わせ、お見積り専用フォームはこちらからお気軽にどうぞ。

トピックスのご紹介